リップ(唇)のアートメイクについて。メリット、経過の様子などいろいろ解説!

リップ(唇)のアートメイクについて。メリット、経過の様子などいろいろ解説!


リップ(唇)は顔の印象をパッと明るく変えることができるパーツです。

そんなリップに施すメイクはかなり重要。気をつかっている方も多いでしょう。

今回はそんな手間を解消する「リップアートメイク」について、

メリットやデメリット、さらには施術後の経過や値段などを、たくさんの情報をまとめました。

リップのアートメイクとは

リップアートメイクとは、唇に色素を注入する施術です。

施術後はノーメイクでも1~3年ほどの間、常に気に入った唇の色・形を保てるので人気です。

毎朝メイクでごまかしていた唇の悩みを常に解消してくれます。

※アートメイクは医療行為
日本でのアートメイクは医療行為とされています。

そのため次のような条件でないと施術が許されていません。(医師法第17条)

●「施術者」
→医師、または看護師の免許を持つ者である
●「施術場所」
→医療機関内である

※所有しているのが看護師免許のみの施術者は、医師の管理下で施術を行わなければならない

しかし残念ながら、
無資格でアートメイクの施術を行う違法サロンは多く存在します。

美容サロンでのアートメイクは法律違反、危険です。必ずクリニックで受けましょう。

参考:「医政医発第105号」厚生労働省医政局医事課長

リップをアートメイクする
3つのメリット

  • 1. メイクが落ちる心配がなくなる
  • 2. メイクの時間が短縮できる
  • 3. 明るく、健康的な印象になる

メリット1.
メイクが落ちる心配がなくなる

通常のリップメイクでは、
「食事後にとれる」「マスクの内側に付着する」
なんてことも多いでしょう。

リップアートメイクをしていれば、理想の形・色をメイク不要でずっとキープ。

どんなときでもメイク崩れの不安がなくなり、メイク直しの手間も省けますよ。

メリット2.
メイク時間を短縮できる

アートメイクで理想のリップができていれば、もうリップメイクを自分で施す必要はありません。

上唇の高さや左右差など、気になってしまう部分はアートメイクで常に解消。

少し見た目を変えたくなったら、アートメイクに通常のメイクを重ねることもできます。

ベースが整っている分、手を加えるのは難しくありません!

メリット3.
なりたいリップになれる

リップのアートメイクで作れるデザインは幅広く、デザイン次第で見た目の印象にさまざまな変化をつけられます。

どんなリップにするかお悩みであれば、数々のリップを見てきた【メディカルブロー】へ、ぜひご相談下さい。

無料カウンセリングにて、あなたに合うリップデザインを丁寧にご提案致します。

リップのアートメイクで
改善できる3つの悩み

  • 1.顔全体の印象
  • 2.リップのくすみ
  • 3.下がった口角

改善できる悩み1.
顔全体の印象

アートメイクはリップ全体の形・色だって変えられます。さらにリップデザインは、唇だけではなく、顔全体の印象も左右しますよ。

リップの気になるポイントだけでなく、全体的になりたい雰囲気などがあれば、クリニックへどんどん相談しましょう。

例えばリップの厚みを増やして、さらに輪郭の発色をはっきりさせると、顔全体がキュッと引き締まります。

リップの輪郭がはっきりしていると、重ねてメイクもしやすいです。

改善できる悩み2.
リップのくすみ

リップ全体の色味が薄く、暗くくすんでいるなどのお悩みもアートメイクで解消できます。

リップの血色が悪くて疲れているかのような表情も、アートメイクで改善すれば明るく健康的な見た目へ変身。

さまざまな人の肌色に合うよう、リップカラーはいくつもご用意しています。違和感のない自然なデザインを選べますよ。

改善できる悩み3.
下がった口角

下がった口角は、顔全体の印象を暗くしてしまい、実際の年齢より老けて見える原因に。

アートメイクでデザインを調整すれば、口角アップも可能です。

口角が上がると見た目に愛嬌もプラスされて、より若々しくなれます。

リップのアートメイクをする
デメリット

アートメイクは「長い間消えない」というメリットを持ちますが、

それは言い換えれば「簡単に消せない」というデメリットにもなります。

アートメイクの除去は不可能ではありませんが、費用と手間が必要です。

「アートメイク後に数か月でデザインを変えたくなった…」なんてことにならないよう、

カウンセリングでプロとデザインを相談し、納得した上でアートメイクを入れましょう。

▼アートメイクの除去について▼
アートメイクは除去できる!除去にかかる施術回数や費用、注意点を紹介

リップのアートメイクで
失敗しないクリニックの選び方
【4つのポイント】


リップのアートメイクで失敗しないためには、クリニック選びがとても重要です。

まず施術者がアートメイクできる資格を持っていることは大前提。(サロンはNG!

ここで紹介する4つはどれも外せないポイントですので、しっかりチェックしてください。

  • 1.信頼できる実績や症例
  • 2.器具や設備の安全性
  • 3.充分なカウンセリング
  • 4.丁寧なアフターケア

選ぶポイント1.
信頼できる実績や症例数

実績、症例数は、そのクリニックや施術者がどれだけアートメイクをしてきたかの証明です。

数以外にも、自分が望むようなアートメイクをしているか、口コミで不満の声が出ていないかもチェック。

実際にどんな施術をしてきたか知ることで、アートメイク後の自分の様子もイメージしやすくなります。

メディカルブローの症例数
アートメイククリニック メディカルブローの症例数は国内でも有数の30000例以上

公式Instagramで毎日症例を確認できるので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@medicalbrows_tanida)がシェアした投稿 -

選ぶポイント2.
器具や設備の安全性

アートメイクに使うニードル(針)が汚れていたり、前の施術の跡が残っていたりすると、感染症などのリスクが増えます。

綺麗なニードル、体に安全なインクを使っているか、延いてはクリニック内が清潔かどうか、注意が必要です。

お客様の安心・安全のために
メディカルブローでは、施術前に必ずお客様の目の前で新品のニードルを袋から開けさせて頂いております。

選ぶポイント3.
充分なカウンセリング

簡単に消えないからこそ、アートメイクの目的や体調の共有は、施術前から念入りに。

クリニックを決める際、カウンセリングに充分な時間があるか確認しましょう。

理想のデザインについてはもちろん、肌質や健康状態への影響も相談してください。

選ぶポイント4.
丁寧なアフターケア

アートメイクはインクを注入したら終わり、というわけではありません。その後のアフターケアもリップの状態に影響を与えます。

施術後にも手厚いケアを受けられるか、もしもの際に対応してもらえるのか、

最後まで安心できるクリニックを選ぶことが大切です。

リップのアートメイクは
痛いのか

リップのアートメイクを受ける際の痛みには、個人差があります。

実はアートメイクができる部位の中でも、リップは痛みを感じやすい部分。

メディカルブローではクリームタイプの麻酔薬を使って、痛みを大幅に軽減します。

それでも痛みに耐えられない場合は、追加でクリームを塗ることもできます。
安心してご相談下さい。

リップのアートメイク
施術当日の流れ、経過の様子

初めての方の場合、メディカルブローのリップアートメイクは、基本2回セットで提供。
(その理由も下記で説明します)

1回目の施術で下地を作って、2回目でインク定着→完成、といった流れです。

1回目のリップアートメイク施術

①カウンセリング:
はじめに、施術後の注意事項やアフターケアについての説明があります。

②デザイン:
理想のリップについて相談。希望のイメージを伝えて、色や形を決めて行きます。

リップカラー
アートメイクで入れられるリップカラーはたくさんの種類があります。

複数の色のインクを混ぜて作るので、ご希望に合わせて色の調整が可能です。

▼リップカラーを紹介▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

メディカルブロー(@medicalbrows)がシェアした投稿 -

③麻酔:
施術中の痛みを最小限に抑えるため、クリームタイプの麻酔薬を塗布します。

④施術開始:
麻酔が効き始めたらリップの輪郭を描いていき、そのあと全体に色素をいれます。

⑤施術完了、その後:
1回目の施術直後は色が濃く発色します。

初めてアートメイクを受ける皮膚はインクに慣れていないため、インクがリップに定着しきらないで、薄まってしまう場合がほとんど。

そのため1回目の施術後から1ヶ月経過後、まだらに色味が抜けてきたタイミングで、2回目の施術を推奨しています。

    ※メディカルブローでは、平均1〜3ヶ月のうちに、2回目の施術へお越しいただくお客様が多いです。

・経過日数ごとのリップの状態

 

この投稿をInstagramで見る

 

メディカルブロー(@medicalbrows)がシェアした投稿 -


施術直後:
目指す仕上がりよりも発色が濃く、少し腫れてヒリヒリします。

施術から3~4日:
リップの薄皮がペリペリと剥けていきます。
無理に剥がすとインクの定着に影響が出るので、自然と剥けるまで待ちましょう。

施術から10~20日:
少し色が薄くなり、徐々に自然な発色へ。施術直後と比べると半分以上の薄さにもなります。

施術から30日~:
ここから様子を見て、2回目の施術へ。より理想に近いリップへと調整していきます。

2回目のリップアートメイク施術

基本的な流れは1回目の施術と同様で、最初は唇の状態をチェック。1回目で注入したインクの様子を確認します。

この時点では、インクは残っているものの1回目の施術直後と比べると、だいぶ薄まっていることが多いです。

2回目の施術で色ムラやリップラインを微調整。同じ色で重ねるか、濃くするか、別の色にするか等を相談して、お好みのリップに仕上げます。

2回目の施術後は、1回目に比べてよりはっきりと色が定着してキレイに発色しますよ。

リップのアートメイクの
ダウンタイム

ダウンタイムとは

アートメイクは針を使ってインクを注入するため、施術後のリップは傷がついた状態になります。

ダウンタイムとは、その傷がカサブタになり、治癒するまでの期間のことです。

ダウンタイムにかかる期間

リップアートメイクのダウンタイムは、個人差もありますが一般的には約1週間。

その間はワセリンなどでしっかりと保湿を心がけてください。施術箇所へのメイクは避け、洗顔や日焼けにも注意しましょう。

ダウンタイム中はインクの発色も濃く、かさぶたもできてしまいますが、ほんの少しの我慢です。

ダウンタイムが終わればメイクもできます。リップカラーやグロスを足して、色んなリップを思う存分楽しんでみてくださいね。

リップのアートメイクに
かかる値段

リップのアートメイクにかかる費用はクリニックによっても様々ですが、2回セットで10万円以上に設定されていることが多いです。

中には10万円以下で受けられると表記しているクリニックも。

ただし、それは1回ずつの施術料金を掲載している可能性もあるため、完成までの総額を計算すると本当に安いとは限りません。
(アートメイクは完成まで複数回の施術を受けることが多い)

リスクを最小限に抑えるためには、値段の数字だけでなく、費用の内約、過去の実績なども加味して安心できるクリニックを選びましょう。

>>メディカルブローの料金表

セルフは危険!?リップのアートメイクは必ずクリニックで


最近では、自分でアートメイクができるという、セルフアートメイクキットがネットの通販などで売られています。

診察費用がなく、自宅で簡単にできるならお得、一見するとメリットだらけに見えるでしょう。

しかしアートメイクは簡単に上手くできるものではありません。

セルフアートメイクは、場合によっては大きなケガに繋がることもあります。

アートメイクは医療行為だということ、そして簡単に消せないことを忘れず、少しでも失敗の可能性を減らすためには、まずクリニックに相談することをおすすめします。

リップのアートメイクで
よく質問されるQ&A

アートメイクを初めて入れる方は、期待と同時に不安も抱えていることでしょう。

こちらで、アートメイクに関して良く質問される内容にお答えしています。
>>アートメイクによくあるご質問の回答<<
▼こちらの動画もぜひご参考下さい▼

リップのアートメイクなら
メディカルブローへ!

今回は唇の悩みを解決してくれる、リップアートメイクについてお話しました。

アートメイクを失敗しない最大のポイントは、安全なクリニック選びです。

リップのアートメイクで明るく健康的な印象に変身したい、メイク時間を短縮したい

そんな方は、症例実績の豊富なメディカルブローにぜひ一度、お気軽にご相談ください。