アートメイク後のMRI検査は大丈夫?できないって本当?

アートメイク後のMRI検査は大丈夫?できないって本当?

「アートメイク後はMRI検査ができない」という話を聞いたことはありませんか?

本コラムでは、アートメイクを入れた後はMRI検査が受けられなくなるのか、

アートメイククリニックであるメディカルブローが、その答えをお話します。

アートメイクとは何?

MRIとは何?

MRIとは「Magnetic Resonance Imaging」の略。日本語に直すと「磁気共鳴画像」という意味になります。

MRI検査はトンネル型の装置に入って体内の断面像をスキャンし、確認する検査です。

大きな磁石による「磁場」とFMラジオに使われる「電波」を照射して起こる、体内組織の反応を画像に映します。

・MRIで何を検査できるの?


MRI検査では、全身の内部を幅広く見ることが可能。特に頭部や脊椎、関節、子宮などの動きが少ない部位を見るのに適しています。

さまざまな疾患、腫瘍、癌などを発見でき、中にはMRI検査でしか見ることができない症状も。

この検査が受けられないと発見が遅れてしまう病気もあり、体への負担も少ないことから、今の医療において重宝されている検査方法です。

アートメイクを入れたら、MRI検査は受けられない?

アートメイク後にMRI検査が受けられるかどうかは、使用しているインクによって変わります。

アートメイク用のインクは日本だけでなく、海外からの輸入品も多く出回っており、クリニックによってどのインクを使用しているかはさまざまです。

MRI検査を受ける際は、あらかじめアートメイクを施術したクリニックへ連絡をとって、MRI検査を受けても安全か聞いておきましょう。

・MRI検査が受けられないのは、どんなインクを使用したとき?

アートメイクで使用したインクに酸化鉄(金属)が多く含まれていると、MRI検査を受けられません。

そもそもインクに限らず、腕時計やアクセサリー、アイシャドウなどの化粧品に含まれる金属も、MRI機器の中に入れるのはNG。

電磁波に反応する金属をMRI機器に入れたまま検査を始めると、ごく稀にそこに熱がこもったり、画像が乱れたりしてしまう可能性があるからです。

そのため皮膚に酸化鉄の含有量の多いインクが入っていると、その部位が熱くなってピリピリしたり、火傷してしまうことも考えられます。

・MRI検査が受けられない、金属の含有量が多いインクとは?

まず全く鉄を含まないインクというのは、今の技術では作れないようです。

インクに含まれる鉄の量を判断するのに分かりやすいのは、アメリカ食品医薬品局(FDA)やヨーロッパの安全規格(CE)の認可があるかどうか。

この認可を受けたインクは安全において厳しい基準をクリアしており、鉄の含有量もわずか。MRI検査を受けられる可能性が高いです。

逆にFDAやCEの認可を得ていない、そして安価なインクは、酸化鉄を多く含んでいる可能性が高いです。

アートメイクを入れたら、MRI検査の前に確認をとろう!


アートメイク後にMRI検査を受ける際は、必ず検査を行う医療機関にも「アートメイクを入れている」と申告しておきましょう。

これは仮に自分のアートメイクを施術したクリニックがMRI検査を受けていいと言っていたとしても、必ずです。また、検査中に熱を感じた際はすぐに医師に伝えてください。

超高性能なMRI機器だと、FDA認定を受けているインクにも反応することがあります。アートメイクを入れた際は大丈夫と言われていても、MRI機器の今後の発達によっては少ない金属にも反応しやすくなっているかもしれません。

また、これからアートメイクを入れる予定とMRI検査を受ける予定の両方がある方は、先にMRI検査を受けてからアートメイクを受けるよう、スケジュールを調整するのをオススメします。

メディカルブローが入れるアートメイクはMRI検査を受けても異常なし!

メディカルブローがアートメイクを施術する際に使用するインクは、酸化鉄の含有量がごくわずか。MRI検査を受けても問題はありません。

実際にメディカルブローでアートメイクを入れたスタッフがMRI検査を受けた際も異常ありませんでした。(2020年5月時点)

ただし上記で話したように、今後メディカルブローでアートメイクを施術してMRI機器を受ける予定の方も、必ず検査を行う医療機関に「アートメイクを入れている」と申告してください。

大抵のアートメイクは入れてもMRI検査を受けられるが…

ここまで、アートメイクを入れながらMRI検査を受けるリスクを説明しました。

しかし、実際にMRI検査を受けられなかった、被害が起こったケースは稀です。大抵は問題なく検査を受けられます。

それでももしも何か健康被害が出たら、せっかくのアートメイクに異変が起きたら、嫌ですよね。

    ・アートメイクを施術したクリニック
    ・MRI検査を行う医療機関

何度も言いますがアートメイクを入れている方はMRI検査を受ける前に、この双方へアートメイクを入れていることを申告、相談してから検査を受けましょう。

アートメイクについてもっと知りたい方、詳しく話を聞いてみたい方はぜひメディカルブローへ。電話やメールによる相談、そしてカウンセリングも無料で承っていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問合わせ、ご相談はこちら