【7つのメリットとデメリット】アートメイク(眉毛、唇、アイライン、ヘアラインなど)のメリットを感じやすい人の特徴とは

【7つのメリットとデメリット】アートメイク(眉毛、唇、アイライン、ヘアラインなど)のメリットを感じやすい人の特徴とは

今やどんどん広まっていくアートメイクの人気。その人気の理由は、やはりアートメイクで得られるメリットがたくさんあるから。

本コラムでは、アートメイクのメリットについて紹介します。良い面だけでなく、気を付けておくべきデメリットも解説。

眉毛、リップ、アイライン、ヘアラインなど、全ての施術箇所に通ずる内容ですので、ぜひご参考ください!

アートメイクとは

アートメイクとは、皮膚の真皮と呼ばれると層へインクを注入してメイクする施術。

徐々に徐々に多くの方へ広く知られるようになり、最近ではなんと男性のお客様も増えています。

モデルやアイドルなどの芸能人もアートメイクをしている人は多く、おしゃれ好きな方に大人気です。

アートメイクとは何か詳しく

アートメイクをする7つのメリット

  1. 自由な時間が増える
  2. メイク崩れしなくなる
  3. メイク直しがいらなくなる
  4. メイクがうつらなくなる
  5. メイクをするのも楽になる
  6. すっぴんでも出かけられる
  7. 心に自信と余裕ができる

メリット1.自由な時間が増える

すっぴんでも整った見た目でいられるので、これまで必要だったメイク時間なくなり、自由に使える時間が増えます。

毎朝急いでメイクをしていた方も、ゆったりと他に準備に時間を充てられるようになりますよ。

メリット2.メイク崩れしなくなる

アートメイクは水分に触れても、何かにこすれても崩れません。運動で汗をかいても、お風呂に入った後も、アートメイクはそのまま残ります。

夏はプール、冬は温泉、何をしていてもお気に入りのメイクの形が保たれます。

メリット3.メイク直しがいらなくなる

通常のメイクであれば、食事の後や体を動かした後などに崩れていないか心配。その度に化粧室へ行き、メイクを確認して崩れていれば直す、といった時間が必要です。

アートメイクを施した箇所はメイク崩れを心配する考えもメイク直しの時間もほとんど必要ありません。

メリット4.メイクがうつらなくなる

例えば通常のリップメイクをした状態でマスクをすると、マスクの裏側にメイク塗料がべったりついていた、なんてこともありますよね。

アートメイクは外にインクがうつる心配がありません。マスクだけでなく、服やタオルなどにもつかないので、安心して顔も拭えます。

メリット5.メイクをするのも楽になる

アートメイクの上からでも、通常のメイクを重ねることは可能です。さまざまなメイク姿を試すことができます。

整った位置にアートメイクがあるなら、それをガイドラインにしてメイクを塗りやすいです。

メリット6.すっぴんでも出かけられる

アートメイク後の施術箇所はノーメイクでも整ったままです。軽い用事であれば気軽に外へ出られやすくなります。

例えば眉アートメイクをした方であれば、マスクをして顔の下半分を隠してみましょう。キリッとした眉があれば、簡単にはすっぴん状態だとバレません。

メリット7.心に自信と余裕ができる

いつでもなりたい容姿になっていれば、自信を持って顔を上げて歩くことができますね。

人と対面した際も、堂々とした顔でいられるでしょう。メイクの出来栄えを心配する必要もなくなり、余裕が生まれます。

アートメイクは施術箇所によっても得られるメリットはさまざま

アートメイクを施術できる箇所はさまざま。
メディカルブローでは現在、下記の施術を受け付けています。
それぞれのメリットを知りたい方は、各施術のコラムもぜひご覧ください。

アートメイクのメリットを感じやすい人

  1. 毎朝忙しい方
  2. よく汗のかく活動をする方
  3. メイクをするのが苦手な方
  4. 容姿に自信がない方

1.毎朝忙しい方

毎朝が忙しい方は、時間がないからといい加減にメイクを塗って出かけていたことも多いのではないでしょうか?

どんなに朝が忙しくても、アートメイクを施術した箇所は起きた瞬間からバッチリ整っています。

何か特別な用事の際でも、アートメイクの上を通常のメイクでなぞって重ねるだけで簡単に印象を変えられます。

2.よく汗のかく活動をする方

トレーニングジムに通っていたり、外(特に海やプールなど)に出て活動したりする方は、汗をかいたりして濡れる機会が多いでしょう。

そのため、メイクが崩れるのを心配して、普段から控えめメイクにしている方もいるのではありませんか?

メイク崩れの心配ないアートメイクをすれば、存分に動いた後でも整った外見をキープできます。

3.メイクをするのが苦手な方

自分でメイクが上手くてできない方にも、アートメイクは人気です。

アートメイク後の施術箇所は何もしなくてもほぼメイクが出来上がった状態。上からメイクを塗るのも簡単です。

自分でメイクをして毎回左右差が生じていた人も、これで毎日綺麗で平行なメイク状態で出かけられます。

4.容姿に自信がない方

アートメイクを施すと、ずっと美しい状態をキープできます。何をしなくても整うので、すっぴんの自分にも自信が持てるように。

どうしても普段から外見を気にして、おどおどしてしまっていた、相手の方を向くのが恥ずかしかった…

そんな方はぜひアートメイクで、自分に自信が持てる容姿を手にしてみてください。

アートメイクをする7つのデメリット

  1. 簡単に消せない
  2. 施術を複数回することも
  3. ダウンタイムがある
  4. 持続期間がある
  5. MRI検査を受けられなくなるかもしれない
  6. 施術前後は他の美容治療を受けられない
  7. 失敗するリスクもある

デメリット1.簡単に消せない

アートメイクは自然と消えるまでに長い時間がかかります。そしていくら時間が経っても、全員が綺麗さっぱり消えるとは限りません。

もしもアートメイクで特徴的なデザインをした際や、アートメイクで描いたデザインに飽きた際、消したいと思っても手間と費用がまたかかります。

アートメイクは自眉の生え際からはみ出ない、長期的に考えて好きでい続けられるデザインにするのがオススメです。

アートメイクの除去について

デメリット2.施術を複数回することも

アートメイクは1回施術を受けたらすぐに完成するものではありません。

初めてアートメイクを受ける方は特に、肌とインクが馴染みづらく、再度施術を受けて完成することがほとんど。

アートメイクを受ける際は、完成するまでの施術回数や期間、その総額料金を計算しておきましょう。

デメリット3.ダウンタイムがある

アートメイク施術後の約1週間は、アートメイクによって傷ついた肌の治癒を待つ、ダウンタイムになります。

その間は施術箇所が乾燥しやすく、ピリピリとした痛みがあるかもしれません。傷口から感染症が入るリスクを減らすため、不衛生なモノが触れるのは特に注意です。

スムーズにダウンタイムを終わらしてインクを綺麗に定着させるには、メイクやクレンジングなども、傷が塞がるまで施術箇所に当たるのをなるべく避けましょう。

アートメイクのダウンタイムを詳しく紹介

デメリット4.持続期間がある

アートメイクは肌のターンオーバーによって落ちていき、持続期間は大体1~3年程度。

激しい運動をしたり、サウナや温泉によく行く方、汗っかき、オイリー肌の方など、普段から代謝の良い方は比較的早く薄まりやすいです。

永遠に綺麗に残るわけではないので注意しましょう。薄くなったアートメイクはクリニックでメンテナンスを受けると、より綺麗に微調整できます。

ターンオーバーって何?
アートメイクの持続期間を詳しく紹介

デメリット5.MRI検査を受けられなくなるかもしれない

アートメイクは、微量の金属質が含まれているインクを使用するクリニックもあります。

そのインクが肌にある状態でMRI検査を受けると、ピリピリと痛みを感じたり、火傷したりする可能性があるので、アートメイク後はMRI検査ができない場合があります。

メディカルブローでは現在、MRI検査で問題の起こらないインクをアートメイクに使用しています。しかし、もしも今後MRI機器がより高性能になったときには、同様に検査ができなくなるかもしれません。

なにか身体検査を受ける際は、必ず「アートメイクを入れている」と検査前に医師へ伝えましょう。また、アートメイクを受ける際も「施術後にMRI検査が可能か」を聞いてから施術を開始してもらいましょう。

アートメイク後にMRIを受けると

デメリット6.施術前後は他の美容治療を受けられない

アートメイクを受ける前後3週間程度は、美容治療を受けないようにしましょう。

ヒアルロン酸やボトックスなど、顔の形に変化の起こる美容治療を受けると、アートメイクのデザインが崩れてしまう可能性があります。

また、アートメイクは代謝によって薄まるため、代謝を促進する美容治療を受けると、インクが綺麗に定着しないかもしれません。

デメリット7.失敗のリスクもある

アートメイクは医療行為であり、下手な施術者にまかせてしまうと皮膚を余計に傷つけてしまいます。

施術者が自分のなりたいアートメイクを理解していないと、思っていたようなデザインにならないことも。

また、不衛生な器具を扱うクリニックで施術を受けると、傷口からウィルスが感染する恐れもあります。

しっかりと腕を信頼できるクリニックに、自分の体調やアートメイクの目的を理解してもらってから、施術を開始しましょう。

アートメイクの失敗を詳しく解説

メディカルブローでアートメイクをするメリット

  1. 自然な毛並みアートメイクが可能
  2. 似合うデザインを教えてもらえる
  3. 自分の顔の黄金比を測れる
  4. 希望を伝えて微調整できる
  5. 実績・症例が豊富で安心できる
こちらも参考に♪

1.自然な毛並みアートメイクが可能

メディカルブローでは、極細のニードルを使用して、従来よりも細かい線でアートメイクを描きます。

それにより自毛と見分けがつかないほど、実際に生えているかのようなアートメイクデザインが再現可能です。

メディカルブロー独自の最新技術

2.似合うデザインを教えてもらえる

基本的にアートメイクを入れる際は、まずはクリニックとどんなデザインにするか話し合う時間があります。

メディカルブローはその人の顔の形に合わせてデザインをご提案するので、どんなメイクが自分に似合うか、どんな形・色を選ぶべきか参考になるでしょう。

プロからのアドバイスを、アートメイクだけでなく今後の通常のメイクにも活かせます。

アートメイクのデザイン

3.自分の顔の合う骨格黄金比を測れる

メディカルブローではデザインを考える際に骨格黄金比を測ります。

専用の定規を使用して測るので、自分で調べてやるよりも正確です。

※骨格黄金比とは

骨格黄金比とは、人それぞれにある骨格のサイズから導き出した、意識せずとも人類が最も美しいと感じる比率のことです。この黄金比をもとに、なりたい雰囲気になれるデザインをオーダーメイドで仕上げていきます。

4.希望を伝えて微調整できる

黄金比にピッタリだからといって、それが全ての人に満足頂けるデザインというわけではありません。

黄金比を参考にしながらも、なりたい雰囲気や、表情による顔の変化も加味して、丁寧にお客様が望むアートメイクデザインを作り上げます。

5.実績・症例が豊富で安心できる

メディカルブローはこれまで数多くの人にアートメイクを施術。その実績に高い信頼を頂いています。

症例数は国内でも有数の30000例以上!公式Instagramで毎日公開していますので、どんなアートメイクができるのか、ぜひチェックしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@medicalbrows_tanida)がシェアした投稿

アートメイクはメリットたくさん!デメリットも調べて正しく受けましょう!

アートメイクはおしゃれの感度が高い方に人気です。メリットがたくさんあるので、ぜひ施術を検討してみてください。

本コラムでは正直にデメリットも紹介しましたが、これらのほとんどは事前に下調べをして、なりたい見た目について施術者としっかり話し合っていれば回避できるものです。

正しくアートメイクができれば、メイクが苦手、メイクの時間がない方はもちろん、自分に自信をつけたい方にも、きっと嬉しい変化が訪れるでしょう!

お問合わせ、ご相談はこちら

ページトップへ戻る