眉毛アートメイクの経過を1週間分レポート!ダウンタイムの参考に!

眉毛アートメイクの経過を1週間分レポート!ダウンタイムの参考に!

本コラムでは、アートメイク施術した翌日から1週間後までの様子を、実際に写真と一緒に紹介します。

ダウンタイム中がどんな症状なのか、気になる方の参考になれば幸いです。

7日分すべての感想・説明を話していますので、ぜひお読みください。

ページの最後に♪
①カウンセリング→②施術中→③施術後(ダウンタイム)の様子を映した動画も載せています♪

アートメイクとは

アートメイクとは、皮膚にインクを注入する施術のことです。

この技術を使って、眉毛の線を描いたり、アイラインやリップに色を付けたりします。

刺青よりも浅く注入するので一生の残るものではありません。

1~3年ほどかけて徐々に薄くなるので、その際はまた別のデザインにチャレンジすることもできます!

アートメイクの詳しい説明はこちらで♪

なぜ”経過”を見る必要があるのか


アートメイクは、例えば眉毛アートメイクの場合だと施術後に1週間ほどのダウンタイムがあります。

この期間中は施術部位に傷がついているため、少々痛みや痒み、腫れを感じる方も。

またダウンタイム中は、まだ肌に完璧には馴染んでいないインクが取れてしまうこともあります。

そのため施術直後と日にちが経ったあとのデザインを見比べると、少し変化があるのです

(特に初めて肌にアートメイクを入れた場合ほど、インクは落ちやすいです)

ダウンタイムを詳しく解説♪

アートメイクの経過をご紹介!

アートメイクは時間が経つとすぐ台無しになるのではないか…、とお悩みのお客様もいらっしゃいます。

そんな不安を抱える方の参考になるべく、今回メディカルブローのスタッフが

実際に眉毛アートメイクを受けて、その施術後の経過を写してきました!

アートメイクの経過レポート開始

アートメイクを受けた次の日から1日目として、ご紹介していきます。

アートメイクの経過ごとの変化は個人差が大きいので、全員が同じようになるわけではありませんが、少しでもご参考になれば幸いです。

眉毛アートメイク1日目


施術日の翌日です。

見た目

2~3日目に一番アートメイクが濃くなると言われていますが、今のところ特に濃すぎる感じはしません。

簡単にメイクをすれば理想の眉が完成するぐらいの濃さになっています。

朝起きたらお気に入りのデザイン眉があることにテンションが上がりました♪

感覚

赤みも腫れも特になし。違和感もありません。感覚は普段と同じ過ぎて間違えて触ってしまうことも。

パッと見は分かりませんが、アートメイクのインクが付いている箇所は傷なので、触ると痛いです。

眉毛アートメイク2日目

見た目

色味が濃くでる期間ではありますが、他をメイクすると丁度良いくらいで濃すぎることはなかったです。

この写真はワセリンを塗った直後で少しテカテカしていますが、それでも違和感はほとんどありません。

実はこの日、朝シャワーを浴びた後にアートメイクをしていることを忘れて、ワセリンを塗り忘れてしまいました。

※写真は夜。乾燥しやすいアートメイク施術後はこまめにワセリンを塗るのが大事です

感覚

痛み・腫れ・赤みがまだほとんどなく、痒みは少し出てきたかな?

刺激を与えてはダメなので、掻かない、擦らないように注意しながら過ごしていました。

眉毛アートメイク3日目

見た目

一番気にしていた右眉にある水疱瘡の跡の部分がまだちょっと薄いように感じます。

ここは施術してくれたナースさんも、2回目の施術じゃないと色が完全には入らないかもと言っていました。

それでもアートメイク前だと完全に白くぽっかりしていた部位なので、現状の馴染み具合でも充分嬉しいです

この写真もワセリンを塗った直後で少しテカテカしています。(笑)

感覚

依然として痒み・痛み・腫れは少なく、かさぶたが落ちてくることもありません

既に元々こんな形の眉だったんじゃないかと思うくらい自然で、違和感が消失しています。

眉毛アートメイク4日目

見た目

ほぼ特に変化なし。腫れ・赤みもありません。

今までは見た目も”感覚”も違和感なく過ごしていたのですが…

↓ ↓ ↓

感覚

この日から急に眉毛が痒くなってきました!

私は痛みよりも痒みの方が苦手…。この痒みはおそらく傷がカサブタになっていきているから?

あと4日目になったので、まぁいいだろう…とトレーニングジムへ行ってきました。新陳代謝を上げるような激しい運動は定着に影響があるので、あくまで控えめにトレーニング。

運動後、顕著に痛みや痒みが起こるようなことはありませんでした。

アートメイクを入れてからずっと洗顔中、眉部分を避けてきているので、そろそろスッキリ洗えるようになりたいな…。

激しい運動がダメな理由はこちらで♪

眉毛アートメイク5日目

見た目

腫れや赤みも特にありません。痛みもありません。

カサブタが落ちてきている様子はとくになく。

もう眉の見た目はめちゃくちゃバランス良い!

簡単な用事ならノーメイクでも出かけられます♪

感覚

4日目に引き続き、5日目もとっても痒いです!!

当時は春の季節、花粉症の目の痒さも相まってすごく辛かった…

私にとっては

『施術の痛み < ダウンタイムの痒み』でした。

眉毛アートメイク6日目


私のアートメイクは茶色のインクを入れたので、普段の眉よりも少し明るさが出てきたかも。

普通の眉毛よりも柔らかく優しい雰囲気になったと思います。凄く馴染んでいて良い感じ。

この日は友達に会ってきました。

「すごい良いね!」
「めっちゃナチュラル」
「全然わからない!」

(↑アートメイクだということが)

って言ってくれた。みんな褒めてくれて嬉しかった♪

眉毛アートメイク7日目


左の眉は自分的にはもう完璧!

やはり右の水疱瘡の跡は隙間が少し気になりますので、2回目の施術で調整してもらおうと思います。

※メディカルブローのアートメイクは基本2回施術がセット

ちなみにもうワセリンを塗っていません。朝全くメイクをせず外に出るのも平気になりました。

メイクの時短~♪

眉毛アートメイクのダウンタイムを終えて

以上で、一週間のダウンタイムレポートは終了です。

アートメイクをした後に実は友達から「前まではいつも眉毛の左右バランスがズレてたよ」って聞いて、少しショックを受けました(笑)

でも今は何も考えなくても綺麗に左右整った眉で出かけられるので嬉しい♪

今まで自分でメイクすると左右差が生まれていたのも、アートメイクがガイドラインになってくれているからか、今は左右均等な眉毛があっという間に書ける!

アートメイクで色もちょっと入れているので、あまり眉マスカラなども必要がなくなりました。

私のダウンタイムはほぼ痒みのみ

私の場合は、あまり話に聞いていたダウンタイムらしいダウンタイムがなかったのが驚きでした。

痛み・腫れもなく、最初は濃くなっていくと聞いていたけど、全然濃くなっていく感覚もなし。

ただ、アートメイク3~4日あたりからはとにかく痒かったです。

今はもう平気なので、ダウンタイム中のあの痒みがなくなればハッピーですよ(笑)

痒みの予防方法
後から施術者さんから聞きましたが、痒みは『ワセリンをしっかりと塗って乾燥を防ぐ、冷やす』などをすると抑えられるそうです。

私の場合は眉毛に違和感がなさ過ぎてワセリンを塗り忘れることがあったのが、今回の痒みの原因かなと思います。

アートメイク経過レポートまとめ

ひとまずアートメイクをやった感想として、

やって良かった!

最近はマスクをして生活をしているので、アートメイクで眉毛を整えていれば、まつげをビューラーで挙げるだけでもメイクは充分。

メイクがすごく時短、楽になって自分がイメージしていた優しく大人っぽい眉毛がそこにある!

感無量です。

強いて直すところを言うのであれば、まだ少し薄いかなといった印象なので、2回目の施術でよりハッキリとした眉へ調整してもらうつもりです。楽しみ~!

※メディカルブローのアートメイクは基本2回施術がセット。今回の経過は施術1回目のアートメイク後の状態。

アートメイク経過レポートを動画で見る

<カウンセリング>

<施術風景>

<ダウンタイム・経過レポート>

アートメイクを受けるならメディカルブロー!

今回、アートメイクをした後、ダウンタイム中の状態をご紹介しました。

メディカルブローは医療機関で受けられるので、アートメイク後に万が一、ダウンタイムの症状が酷くなった際も献身的にサポートさせて頂きます。

アートメイクに興味あるけど不安だ…なんてお悩みの方はぜひ、メディカルブローの”無料“のカウンセリングにお越しください。

メディカルブローで、安全にアートメイク後の人生を楽しく快適に過ごしましょう!ダウンタイムの症状には個人差があるので、施術後に何かおかしいな?と感じた場合でも、すぐにご連絡ください!
アートメイクの
ご予約、お問合わせ、ご相談はこちら