【初心者へ】アートメイクはかなり痛い!?腫れる?【抑え方】

【初心者へ】アートメイクはかなり痛い!?腫れる?【抑え方】

ここは「アートメイクの痛み」の解説コラムです。ぜひご参考下さい。

▼アートメイクを最大手で受ける▼

アートメイク予約

アートメイクは痛い?

痛みに関しては個人差があるので、全く痛くないとは言えません。

アートメイク施術を受ける際に感じる痛みは、下記など複数の要素によって変わります。

  • 施術の方法
  • 施術者のスキル
  • 施術する部位
  • 被施術者の肌の状態
  • 被施術者の痛みに対する強さ

メディカルブローではアートメイクを受けている多くの方に「あまり痛くなかった」と言って頂ける方がほとんどです。

施術中に眠ってしまう方も多いので、あまり強く心配する必要はないでしょう。

アートメイクは麻酔を使用できる

アートメイクは皮膚にインクを注入する際に極細の針でひっかきます。

その痛みを緩和するために、クリーム状の麻酔を使用することがほとんどです。

メディカルブローでは痛みが苦手なお客様には、麻酔の浸透時間を長く取ったり、施術の合間に休憩時間を挟んだりなど、臨機応変に対応させて頂きます。

施術前には専門のカウンセラーが丁寧に無料のカウンセリングを行いますので、気兼ねなく不安をお伝えください。

アートメイク中に感じる痛み

アートメイク中に感じる痛みは、施術方法によって少しだけ違いがあります。

【主な施術方法】

  • 手彫りアートメイク
  • マシン彫りアートメイク

・手彫りアートメイクの痛み

メディカルブローで言えば、主に手彫りで行っているのは「眉毛」「ヘアライン」のアートメイク。

毛抜きで毛を抜かれているような、チクチクとした痛みを感じる方が多いです。

・マシン彫りアートメイクの痛み

メディカルブローで言えば、主にマシンで行っているのは「リップ」「アイライン」「ほくろ」のアートメイク。

少しビリビリとした痛みを感じられる方がいらっしゃいます。

●リップは痛みを感じやすい?
リップは皮膚が薄く、比較的痛みを感じやすい部位。施術中は、特にアウトラインをとる際に痛みを感じる方が多いです。

アートメイク中の痛みの抑え方

痛みが苦手な方は、通常よりも麻酔の浸透を強くしてもらいましょう。

また、事前に鎮痛剤を飲んでおくのも痛み対策になります。

ダウンタイム中に感じる痛み

アートメイクの施術箇所は、数日だけ針によって傷がついた状態(ダウンタイム)になっています。

その間は、少しヒリヒリとした痛みを感じられるかもしれません。

しかし大抵は1週間程度で傷は塞がり、痛みも治まるので安心してください。

痛みが長引くようでしたら、担当のクリニックへ相談しましょう。

ダウンタイム中の痛みの抑え方

施術後の痛みは、冷やすことで緩和できることがあります。

また、ダウンタイムを長引かせず、早く傷を治すために普段は下記にも気を付けておきましょう。

  • 激しい運動をしない
  • 多量の飲酒をしない
  • 施術部位に刺激を与えない
  • 施術部位を清潔に保つ

痛みが少ないクリニックを探そう

アートメイクの痛みを抑えるためにはクリニック選びも重要です。

アートメイクは肌に針を使って異物(インク)を注入します。

そんな施術を技術力や経験の少ないスタッフにまかせてしまうと危険です。

無駄に深い傷がついて痛みが強まるかもかもしれません。

必ず吟味して、安心できるクリニックに施術をお願いしましょう。

▶アートメイクの失敗例

痛みが少ないクリニックの選び方

・医療機関であるかチェック

アートメイクはそもそも医療行為です。医療機関以外でアートメイクを行っている施設は、違法です。

生半可な医療知識や技術力でアートメイクを行われると強い痛みだけでなく健康被害も受ける恐れがあります。

必ず病院やクリニックなどの医療機関医師や看護師の資格保持者に施術をしてもらいましょう。

・カウンセリングで悩みを話す

アートメイクの施術前にカウンセリングなどで痛みの不安を話しましょう。

お客様の気持ちに寄り添ってくれるクリニックであれば、痛みを怖がる気持ちも理解しており、親身に相談にのってくれるでしょう。

・口コミをチェック

実際にアートメイクを受けた人の感想を聞くのも大事です。

口コミなどを調べて、そのクリニックに行った人はどんな痛みを、どれほど強く感じたか、調べてみましょう。

▶クリニックの選び方

アートメイクの痛みはメディカルブローに相談!

「アートメイクの痛みが不安で受ける勇気がでない」

メディカルブローに来られるお客様の中にも、そのような方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、一回受けてみるとケロっとした表情で「あれ?これだけ?」となることがほとんどです。

もしアートメイクに興味をお持ちであれば、ぜひ無料のカウンセリングへ!

痛み以外のお悩みにも丁寧にお答えします。電話やメールでもご相談を受け付けていますので、ぜひご利用ください。

お問合わせ、ご相談はこちら
アートメイクの症例写真

ページトップへ戻る