【初心者へ】メンズアートメイクとは!人気の理由とは?【症例写真付き】

【初心者へ】メンズアートメイクとは!人気の理由とは?【症例写真付き】

ここは「メンズアートメイク」の解説コラムです。ぜひご参考下さい。

▼アートメイクを最大手で受ける▼

アートメイク予約

メンズアートメイクとは?

【症例】

▶もっと写真を見る

【説明】

メンズアートメイクとはそのまま、男性に施術するアートメイクです。

※女性への施術とやっていることに違いはありません

アートメイクとは肌の浅い層へインクを注入して着色する施術です。

▶【初心者向け】アートメイクとは?(リンク)

男性は女性と比べて皮膚が固く、求めるデザインも異なるため、男性への施術に馴れたクリニックで受けるのがおすすめです。

男性でもアートメイクできる?

オシャレな女性の間で人気のアートメイクですが、男性にもアートメイクをする方が増えてきました。

同時に、男性に向けたメンズアートメイクをおすすめしているクリニックも増加中。

今ではアートメイク業界最大手である『メディカルブロー』にも、男性客がたくさんいらっしゃいます。

メディカルブローの魅力
メディカルブローでは、超極細の専用ニードルを用いた6Dストロークと呼ばれる最新技術により、従来のクリニックよりも微細で自然な見た目のアートメイクが可能になりました。

また、6Dストロークはメディカルブロー独自の名称として商標登録を取得済。

アートメイクを受けるお客様には、最初に医師の診察はもちろん、専門のカウンセラーによるカウンセリングを受けて頂きます。

どんな小さなお悩みにも丁寧にお答えしますのでカウンセリング後に、アートメイクをするかしないかを決めて頂いても構いません。

▶「6Dストローク」の詳しい説明

メンズアートメイクがおすすめの人

  • 営業職、接客業の男性
  • 毛量の少ない男性
  • 写真、映像、舞台に出演する男性 など

・営業職、接客業の男性

主に人と接する職業の方は、アートメイクで容姿を整えると恩恵を受けやすいです。

不揃いなボサボサの眉毛や不健康そうな暗い唇を整えて、明るく清潔感のある姿に変身しましょう。

もちろん容姿が全てではありませんが、見た目が整うと好印象を受けやすく、話の説得力も上がります。

・毛量の少ない男性

毛量の少なさに悩む男性は少なくありません。

もともと毛量の薄いことに悩む若い男性、年齢を重ねて薄くなってきた男性、年齢はさまざまです。

毎日メイクやウィッグで隠すのは億劫になるかもしれませんが、アートメイクなら入れたあとはほとんど手入れがいりません。

・写真、映像、舞台に出演する男性

容姿が作品に直結する職業の方にもアートメイクは好まれています。

メイクのように崩れる心配がないため、出演中に汗をかいても心配いらないからです。

人気の芸能人やインフルエンサーにも、アートメイクをしている方は多数いらっしゃいます!

▶アートメイクをしている芸能人

メンズアートメイクが人気な理由

  1. 対人の印象が良くなる
  2. プロからアドバイスを貰える
  3. 手入れが必要なくなる
  4. 濡れても崩れない
  5. パートナーに喜んでもらえる

1.対人の印象が良くなる

見た目は対人関係において重要なポイントです。

人は出会って15秒、視覚からの情報でその人の印象の大部分を決めると言われています。

アートメイクにより常に見た目が整うので自信が付き、対人関係に余裕も生まれるでしょう。

2.プロからアドバイスを貰える

クリニックではカウンセリング等で、人それぞれに合うデザインをアドバイスしてもらえます。

メディカルブローは、男性も含め、数多くのお客様へデザインを提案し続けました。

パーツごとに、どの形がどのような印象を与えるか、さまざまな顔の形に適したデザインの知見が広いです。

3.手入れが必要なくなる

アートメイクの持続期間には個人差がありますが、平均して1~3年は消えません。

アートメイク後は毎日整えるのを面倒に感じていた眉毛も、コンプレックスだった部位も、常に改善された状態になります。

特に男性は毎日をスッピンで過ごす方も多いため、何もせず整った状態であり続けられるアートメイクの恩恵を受けやすいです。

4.濡れても崩れない

アートメイクは耐水性にも優れており、雨や汗があたっても消えたりにじんだりすることはありません。

気にせず運動して汗をかいてもいいですし、プールや温泉にも自由に入れます。

通常のメイクやワックスのように、崩れそうになる度に鏡でチェックする必要はありません。

5.パートナーに喜んでもらえる

オシャレに関心のあるパートナーであれば、アートメイクのことを知っているかもしれません。

自分のパートナーの見た目が整うなら、それは喜ばしいことですよね。

メディカルブロ―には女性からの勧めでアートメイクを入れにくる男性も多いです。

一緒にアートメイクを受けに来るカップルさんも大歓迎ですよ♪

メンズアートメイクの人気部位

  • 眉毛
  • アイライン
  • ヘアライン
  • リップ
  • ほくろ

・眉毛アートメイク

男性でも女性でも、アートメイクの施術の中で一番人気のある部位は眉毛です。

眉毛の形を変えるだけで、顔全体の雰囲気は大きく変わります。

眉毛は男性でも高頻度で整えている方が多い部位です。

アートメイクを入れて日常のお手入れを効率化できます♪

▶「眉毛アートメイク」の詳しい説明

・ヘアライン、生え際アートメイク

アートメイクは薄くなってしまった髪の生え際を埋めることが可能です。

広い額やM字に広がったヘアラインをアートメイクで自然に整えます。

髪をかき上げる仕草、オールバックの髪型もバッチリ似合うように!

額が狭くなると小顔に見える効果も発揮しますよ。

▶「ヘアラインアートメイク」の詳しい説明

SMP

メディカルブローなら「SMP」という、名称は違いますがアートメイクと同じ技術を用いたメニューもオススメです。

線を引くのではなく点でインクを注入し、毛穴のように見せるデザインを描きます。

薄くなった頭頂部の黒い面積を増やして、薄毛に見えない若々しい姿を取り戻します。

▶「SMP」の公式ページ

・アイラインアートメイク

アイラインにアートメイクを施せば、ぱっちりとした大きく力強い目元が生まれます。

目は顔の中でもその人のイメージを決める重要なパーツです。

目元がハッキリすると、人の印象に残りやすくなると言われています。

印象が変わるだけで話の説得力が上がり、顔全体が引き締まって見える効果も!

▶「アイラインアートメイク」の詳しい説明

・リップアートメイク

男性は口紅を付ける習慣がないかもしれませんが、実は男性も唇の色で印象を変えられます。

アートメイクで唇の血色を良くすれば表情も明るく見えて、清潔感がアップ!

アートメイクは数種類のインクを混ぜて色を作りますので、違和感のない自然な色味に調整できます。

▶「リップアートメイク」の詳しい説明

・ほくろアートメイク

アートメイクで、ほくろを付ける施術もあります。

目元のほくろ(泣きぼくろ)や口元のほくろを付ければ、新しいチャームポイントに!

ほくろには場所次第で開運効果があると言われており、運気上昇の願掛けとして入れる方もいらっしゃいます。

▶「ほくろアートメイク」の詳しい説明

メンズアートメイクは消せる?

アートメイクは、刺青のように一生消えないものではありません。

個人差はありますが、年月が経つ度に徐々に薄くなります。

とはいえ、一度入れたアートメイクはすぐ簡単に消せるわけでもありません。

すぐに消すためのアートメイク除去施術はレーザー医療が主な方法で、多くの費用がかかります。

▶「アートメイクの除去」の詳しい説明

メンズアートメイクの失敗

  • デザインが気に入らない
  • 発色が上手くいかない
  • 皮膚を傷つけてしまう

・デザインが気に入らない

アートメイクは早く消したいと思って時間・費用がかかるので、長期的に飽きないデザインがおすすめです。

奇抜だったり流行りを考えただけの形にすると、後で嫌になるかもしれません。

男性の場合、女性のお客様とは求めるデザインも異なるため、女性にしか施術したことないクリニックだと好みに合わない可能性もあります。

・発色が上手くいかない

個人差はありますが、男性は平均的に見て女性よりも皮膚が固く、インクの定着がしにくいです。

アートメイクはいくらデザインセンスが良くてもインクが定着しなければ色づきません。

濃さがまばらな模様にならないためには、技術力のちゃんとあるクリニックにお願いしましょう。

・皮膚を傷つけてしまう

アートメイクは針でインクを注入します。

このとき、針で刺された皮膚は傷つきますが、施術が成功していれば時間の経過によって治るものです。

しかし、クリニックが下手な知識・技術で行うと、ダメージが大きくなって傷跡が残るかもしれません。

▶「アートメイクの失敗」の詳しい説明

サロンアートメイクは危険?

日本ではアートメイクの施術は医療行為とされています。

誰かにアートメイクを施術するには、医師法で定められたルールを守らなければなりません。

医師法第17条
針を用いてインクを皮膚に入れ込む施術は、下記の条件のもとで行わなければならない

●「施術者」
→医師、または看護師の免許を持つ者である
●「施術場所」
→医療機関内である

※所有しているのが看護師免許のみの施術者は、医師の管理下で施術を行わなければならない

参考:
「医政医発第105号」厚生労働省医政局医事課長

2011年10月に国民生活センターが発表した内容によると、こういった健康被害は2006年から5年の間で121件。

その内95%はサロンなどの医師免許の持たない施術者によるものだったそうです。

アートメイクは、過去の実績や症例、口コミなども調べて、必ず信頼できる医療機関で施術してもらいましょう。

【健康被害の例】
  • 痛みや腫れがずっと続く
  • 施術部位が化膿する
  • 角膜に傷がつく など

参考:アートメイクの危害 – 国民生活センタ-

メンズアートメイクの料金

クリニックで受けるメンズアートメイクの料金は、大体数万円から数十万円。

メディカルブローでは「施術者によって経験や技術の差があるかどうかが不安」という

多くのお客様の不安・疑問を解消するべく、施術者のスキルによって料金が変わる「ランク制度」を導入しております。

>>メディカルブローの料金表

メンズアートメイクならメディカルブロー

アートメイクは男性にも多くのメリットがあります。

しかし、医師法により医療従事者にしか施術が許されていないほど、高度な知識やスキルが必要な医療行為です。

より安全に、より正確な技術のアートメイクを受けたい方はぜひメディカルブローへ。

電話・メールでのお問い合わせも受けつけております。まずは気軽にご相談下さい。

ページトップへ戻る