6Dストロークとは何?自然な眉アートメイクをつくれるワケを紹介!

6Dストロークとは何?自然な眉アートメイクをつくれるワケを紹介!

アートメイク業界でよく名前が囁かれている「6Dストローク」。実はこれ、メディカルブローでしか経験できない最新のアートメイク技術なんです。今回はメディカルブローが提供する「6Dストローク」とは何かをご説明します。

アートメイクとは何?

6Dストロークとは

6Dストロークとは、
「一人ひとりお顔の骨格に合わせた黄金比を測り、専用の超極細ニードルを使用して丁寧に眉を描いていく最新のアートメイク技術」
また、6Dストロークはメディカルブロー独自の名称として商標登録を取得済みです。

6Dストロークを受ければ、人それぞれの顔の形に似合う、まるで本物のような美しい眉毛が手に入ります。

6Dストロークの特徴

1.専用の超極細ニードルで描く


6Dストロークで使用するのは、従来のアートメイクで使用しているニードルよりも細い線が描ける超極細ニードル。繊細で美しい毛並み感を再現できます。

そうして丁寧に描かれた眉アートメイクは「自眉がどれだか分からなくなった」という声が聞かれるほど!!

誕生から瞬く間に芸能人やインスタグラマーにも拡散され、アートメイクブームに。女性のライフスタイルやメイクの価値観を変えるほどの社会現象となりました。

◎6Dストロークが生まれた反響
昔のアートメイクはのっぺりと濃い、「あからさまにアートメイクで作った」ような見た目になることが多くありました。そのため6Dストロークの誕生は多くのおしゃれ好きのあいだで注目するべきビッグニュースだったのです。

2.専用の定規で黄金比を測る


6Dストロークでは専用の定規を使い、一人ひとりの骨格に合わせた黄金比を測定します。

更に、ただ黄金比に沿うだけではなく、プロの目線から表情による動きや左右差などを見極め、デザインを微調整。

アートメイクを受ける方のなりたい雰囲気や要望に沿って、デザインを提案します。

※黄金比とは

骨格から導き出した意識せずとも人類が最も美しいと感じる黄金比。この黄金比をもとに、なりたい印象の眉毛をオーダーメイドで仕上げていきます。

6Dストロークで眉アートメイクをすると?

黄金比からデザインした眉を手彫りで丁寧に描いていきますので、自然かつ美しすぎる眉に。

眉のベースが出来上がるので、何もしなくても整った眉が完成しますが、上から眉パウダーをさっと重ねるなど、メイクも楽しめます!

メイク時間の短縮に繋がるので、忙しい現代人にピッタリ。余裕を持った朝を迎えられますよ。

6Dストロークで気を付ける事はある?

6Dストロークだからといって注意するべきことは特にありません。通常のアートメイクと同じように受けて頂いて大丈夫です。

6Dストロークを受ける目的と健康状態を伝えて、受けても大丈夫かクリニックにしっかり確認をとりましょう。

6Dストロークの施術を受ける流れ 1~6

施術の流れも、通常のアートメイクと違いはほぼありません。身構えず、自分のなりたいアートメイクデザインをクリニックと共有しましょう。

  1. カウンセリング
  2. 形を決める
  3. 麻酔を塗布
  4. カラーを決める
  5. 施術スタート
  6. 美眉が完成

1.カウンセリング


健康状態の確認、施術後の注意事項やアフターケアについてのご説明を行います。

メディカルブローではカウンセリングが無料です。ご希望やお悩みをお伺いしますので、不安があれば遠慮なくお聞きください。

2:形を決める


まず専用の定規を用いて、お客様の骨格から黄金比を測定。

黄金比をもとにして描いた下書きを見せつつ、お客様のご希望に合わせてデザインを調整していきます。

6Dストロークで描く眉デザインについて?

3.麻酔を塗布

痛みを最小限に抑えるため麻酔クリームを塗布します。

6Dストローク中の痛みには個人差がありますが「毛抜きで毛を抜かれているような痛み」と表現される方が多いです。

大きな痛みの心配はあまりありませんが、どうしても痛みが苦手な場合は、麻酔の量を増やすことも可能です。

4.カラーを決める

麻酔が効いてくるまでの間は、実際のインクをお見せしながら眉のカラーを決めていきます。

付けられるカラーは、インクを混ぜて調整ができるのでかなり幅が広いです。

自眉の色や肌の色、髪色、イメージカラーに合う色をご提案し、ご希望に合わせてカラーを決定します。

5.施術スタート

6Dストローク専用の極細ニードルで、眉にインクを注入していきます。

時間にして大体1時間弱。途中で眠る方も多くいらっしゃいます。リラックスしてお過ごしください。

6.美眉が完成

最後に出来栄えを見て、確認したら施術は完了です。ただし、6Dストロークは1回目の施術ではインクが定着しずらく、2回目の施術で完成することがほとんど。

そのため、6Dストロークは2回セットで受けられるようになっています。

施術直後は1週間程度ダウンタイムになるので、保湿をして過ごしましょう。ダウンタイムの過ごし方でもインクの定着具合に差が生まれます。

6Dストロークの症例写真

6Dストロークは既に月間症例数3,000例以上の実績があります。それだけ多くの人が受けて、気に入って頂けているんです。

その症例はメディカルブローの公式instargramで確認できますので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@medicalbrows_tanida)がシェアした投稿

6Dストロークを受けた芸能人

6Dストロークは、例えばタレントの小島瑠璃子さんや人気YouTuberの関根りささんなど、多くの有名芸能人にも気に入って頂けています。

おしゃれに敏感なモデルさんや女優さんも、実は6Dストロークを受けていた、なんて方は多いですよ。

この投稿をInstagramで見る

 

小島瑠璃子(@ruriko_kojima)がシェアした投稿

6Dストロークでどこよりも自然な眉アートメイクを体感してください!

初めてアートメイクを受ける方も、以前別のクリニックでアートメイクをした方も、今後、6Dストロークを体験してみて下さい。

プロによって描かれたまるで本物のような眉ができますよ。

「眉に左右差があって上手く描けない」
「忙しい朝のメイクを短縮したい」
「眉メイクがすぐに落ちてしまう」

こんなお悩みのある方、ぜひメディカルブローにご相談くださいね。もし気になることがあれば、無料カウンセリングを受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。

お電話やメールでのお問い合わせもお待ちしています。

お問合わせ、ご相談はこちら