ほくろアートメイクで印象、運気をアップ!ほくろを作るメリット、位置ごとの効果は?

ほくろアートメイクで印象、運気をアップ!ほくろを作るメリット、位置ごとの効果は?

チャームポイントとなるほくろを、アートメイクで作ってみませんか?

ほくろには位置によっては開運効果がある言われ、最近ではメイクでほくろを描く人も増えています。

本記事はアートメイクで作るほくろについて、メリット、位置ごとの運気、失敗しないためのポイントなどなど、幅広く紹介していきます。

アートメイクでほくろを作れる

ほくろはメイクで気に入った場所に描くこともできますが、アートメイクでも作れることを知っていますか?。

アートメイクで作ったほくろは簡単に消えることはなく、平均して1~3年持続します。

アートメイクとは何?

アートメイクのほくろを作るメリット5つ

  1. チャームポイントになる
  2. 印象をプラスできる
  3. 憧れの人と同じになれる
  4. 簡単に消えない
  5. 開運効果がある

1.チャームポイントになる

ほくろは人の外見の中でも大きなチャームポイント。人それぞれ付いている数も場所も違います。

存在感の薄い人でも、目を引くほくろがあると姿が印象に残りやすいです。

2.印象をプラスできる

例えば「あの人は口元にほくろがあって、大人っぽく見える」というような意見を聞いたことはありませんか?

ほくろは『かわいい』や『セクシー』など、魅力的な印象をプラスできます。

3.憧れの人と同じになれる

憧れの芸能人に少しでも近づきたい…。そんな想いでほくろアートメイクを入れる方も。

同じ位置に作ることで、見た目の特徴がぐっと近くなります。

4.簡単に消えない

毎日メイクでほくろを付けていると、たまにズレてしまったり、手間に感じたりすることもあるでしょう。

アートメイクで作ったほくろなら長い間消えないので、もうほくろメイクの時間は必要ありません。

うっかり手でこすっても、汗が流れても大丈夫です。

5.開運効果がある

ほくろには、運を呼び寄せる効果があるのを知っていますか?

ほくろの位置によっては、恋愛運や金運など、さまざまな運気がアップすると言われています。

アートメイクのメリットを詳しく紹介

ほくろの位置ごとにある開運効果や印象

  1. 髪の生え際近くの中央
  2. 額の真ん中
  3. 眉間
  4. 眉尻の上
  5. 目頭
  6. 目尻
  7. 口角付近
  8. あご
  9. 耳たぶの裏

ほくろがある位置ごとに、どのような印象を与え、どのような意味があるのか。

上の表にあるほくろについてまとめました。ぜひ、ほくろアートメイクを入れる際の参考にしてください。

1.髪の生え際近くの中央にあるほくろ

この位置は人相学で”天中”と呼ばれています。

ここにほくろがある人は周囲からの協力を得られやすく、手を差し伸べてもらえるそうです。

ここにほくろを作ると、周囲からたくさん助けてもらえるようになるかもしれません。

●こんな人にオススメ!
  • 夢や目的に向かっている人
  • 誰かのサポートが必要な挑戦をする人

2.額の真ん中のほくろ

この位置は”司空”と呼ばれています。

ここにほくろがある人はとても強い個性の持ち主だそうです。

ここにほくろを作ると、他の人とは違う才能が発揮できるかも。仕事においてその個性が評価されることもあるでしょう。

●こんな人にオススメ!
  • 強い個性を活かしたい人
  • 変化の多い環境で力を発揮したい人

3.眉間のほくろ

眉間にある空間は”印堂”と呼びます。

ここにほくろがある人は、理性的で聡明な方が多いそうです。

印堂は第三の目とも呼ばれる箇所であり、ここにほくろを作ると未来を見通す力が宿って、物事を素早く見抜く先見性がアップ!

●こんな人にオススメ!
  • 的確な判断力を身につけたい人
  • 長期的な計画を進めている人

4.眉尻の上のほくろ

左右の眉尻の上部分は”福徳”と呼ばれています。

ここにほくろのある人は、読んで字のごとく『福=金運』に恵まれる傾向にあるそうです。

また、人に尽くすことを苦に感じないため、豊かな人徳を得られると言います。

●こんな人にオススメ!
  • 金運を上げたい人
  • 誰かのためになることをしたい人

5.目頭のほくろ

目頭は人相学では”夫婦座”と呼ばれ、異性運を示します。

この位置にほくろがある人は、理想的な相手と、円満で安定した生活を送ることができると言われています。

●こんな人にオススメ!
  • 円満な家庭を築きたい人

6.目尻のほくろ

目尻にあるほくろは、知名度が高い「泣きぼくろ」と呼ばれています。アートメイクでほくろを作りたい人にも人気の位置です。

ここにほくろがある人は、頻繁に異性から言い寄られることがあり、恋多き人。可愛さの中に色っぽさを含んだ印象を持った人が多いです。

●こんな人にオススメ!
  • 異性にモテたい人
  • 色気を上げたい人

7.口角付近のほくろ

目尻に続き、セクシーな印象が強い口角付近。ここもアートメイクでほくろを作りたい人に人気な位置です。

口元は、人相学的に愛情や欲求を表すと言われています。

話したい、食べたい、キスしたい、などの本能的なエネルギーをたくさん集めます。

●こんな人にオススメ!
  • 行動的になりたい人
  • 引っ込み思案な性格を変えたい人

8.頬のほくろ

頬全体で見るほくろは、社会や人との関係性を表します。

右頬にほくろがある人は、友人や恋人、家族や夫婦などプライベートな人間関係が良好に。とくに異性からの関心が強く、モテるほくろとも呼ばれています。

左頬のほくろは、社会的な運勢が表されています。ここにほくろを入れると、仕事や社会的な場面で成功でき、頑張れば頑張っただけ成果を出せるようになるかもしれません。

●こんな人にオススメ!
  • 人間関係を円満に過ごしたい人

9.あごのほくろ

この位置は”地閣”と呼ばれています。

ここにほくろがある人は、人の面倒を見るのが好きな人が多いのが特徴。

人の上に立つのを好み、また人を動かすのが得意な人が多いと言われています。

●こんな人にオススメ!
  • 出世を目指す人
  • 人を導く力をつけたい人

10.耳たぶの裏のほくろ

実は、耳たぶの裏もほくろアートメイクを入れる人気箇所のひとつです。

耳たぶの裏はあまり周りからは見えないので、顔の印象を変えることはありません。

しかし金運、恋愛運、健康運、全てにおいて強運を持つとされています。

●こんな人にオススメ!
  • 全体的に運気を高めたい人
  • 目立つ場所にはほくろを付けたくない人

アートメイクのほくろにデメリットはある?

ほくろアートメイクは、顔の印象を変えたり、毎日のほくろメイクを楽にしてくれたりと、嬉しいポイントがたくさん。

しかし一方で、気に入らなくてもすぐに消せないというデメリットがあります。

「自分が思っていた位置、大きさじゃない…」

なんてことにならないよう、施術前にはカウンセリングをしっかり受けて、納得した上でほくろを作るようにしましょう。

アートメイクの除去について

ほくろアートメイクのダウンタイム・注意点3つ


アートメイクのほくろは、極細の針でインクを注入するので、施術後、ほくろを作った位置は傷がついた状態になっています。

その傷がかさぶたになり、完全に治るまでの間(約1週間程度)ダウンタイムと呼びますが、その間の注意点を3つ紹介します。

  1. 施術箇所をこすらない
  2. メイクや洗顔料もNG
  3. 保湿を欠かさない

1.施術箇所をこすらない

施術箇所の傷口がかさぶたになっていく経過途中、痒かったり、違和感があったり、気になってしまうかもしれません。

しかしそこでこすってしまうと、アートメイクで入れたインクがとれてしまう可能性があります。

ダウンタイムが終了して、インクが定着するまでの我慢です。

2.メイクや洗顔料もNG

汚れたものはもちろん、メイクや洗顔料も施術箇所には触れないようにしましょう。

傷口がある間は、そこからバイ菌が入って炎症を起こしてしまう可能性があります。

3.保湿を欠かさない

施術直後からダウンタイム終了までの間は、施術箇所がとても乾燥しています。

ダウンタイムを快適に、そしてダウンタイム後をキレイな肌に戻すため、常に保湿を心がけましょう。

ほくろのアートメイク失敗しないためのポイント


ほくろのアートメイクで失敗しないための重要なポイント、それはクリニック選びです。

施術場所が医療機関であるか、施術者が医療資格を保有しているかは必ず確認しましょう。

また、施術に使われるニードル(針)やインクの安全性、またクリニック内の清潔度なども、クリニック選びの見極め材料にしてください。

※アートメイクは医療行為
日本でのアートメイクは医療行為とされています。

そのため次のような条件でないと施術が許されていません。(医師法第17条)

●「施術者」
→医師、または看護師の免許を持つ者である
●「施術場所」
→医療機関内である

※所有しているのが看護師免許のみの施術者は、医師の管理下で施術を行わなければならない

参考:「医政医発第105号」厚生労働省医政局医事課長

アートメイクを失敗すると…

ほくろアートメイクをセルフで入れるのは危険?

近頃はネットなどの通信販売で、自らアートメイクができるという、セルフアートメイクキットが売られています。

クリニックで施術を受けるよりも安い値段でアートメイクができるのがメリットのひとつ。

自宅で自分に行う分には法律違反でもありませんが、医療行為であるアートメイク施術は簡単ではありません。

肌を余計に傷つけることもあれば、思った通りに付けられず、消したくてもなかなか消せないと後悔することも。

失敗のリスクを最小限にしてほくろを作るには、クリニックにお願いするのがおすすめです。

アートメイクで、印象や運気が上がるほくろを作りませんか?

ほくろアートメイクについて、付ける位置ごとで変わる印象や開運効果、メリットを紹介しました。

「ここにほくろがあったらいいな」
「ほくろメイクの時間をなくしたい」

など、長期的に残るほくろ作りをお考えの方は、ぜひ一度ほくろアートメイクもご検討ください。

メディカルブローでは、他のアートメイクのオプションとして、ほくろアートメイクの施術を受け付けております。

※ほくろ1箇所につき+10,000円(税別)

ほくろアートメイク単品でのご注文は受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。

>>メディカルブローのメニュー表

お問合わせ、ご相談はこちら